土地建物の名義変更(売買、相続)などの登記

土地建物(不動産)の登記は、土地であれば地番、面積、地目といった情報が登記されています。
建物は、どの地番の上に建っているか、何階建てで各々の面積は何平米か、店舗なのか住宅なのかといった
情報が登記されています。これは表示登記といって土地家屋調査士の仕事になります。

では、登記と言えば司法書士といわれていますが、司法書士は何をするの?との問いの答えは、
表示登記で特定した不動産は誰の所有なのか、誰が担保にとっているのかといった権利の登記を行っています。

不動産を売買する場合

大金が動く大事な取引となります。通常は司法書士が立会い、売買代金の完済と
所有者の名義変更に必要な書類の交付を同時に確認

所有権移転登記の申請を行います。

金融機関から融資を受けて、抵当権が設定されている不動産を買う場合は

設定されている抵当権の抹消登記

売主から買主へ所有者の名義変更の登記

融資に係る抵当権の設定登記の順番での登記申請となります。

住宅ローンを完済した場合

抵当権抹消登記の申請を行います。

金融機関から抵当権抹消登記に関する書類が送られてきます。
金融機関が自動的に抹消するものではありませんので、ご注意ください。