相続による所有者移転登記

土地建物の名義人が亡くなり、不動産を相続する場合

所有権移転登記の申請を行います。

人が亡くなると相続が発生し、原則として財産(不動産、銀行預金等)と借金も引き
継がれることなります。もし引き継ぐものがほとんど借金だけであれば、家庭裁判所に
相続放棄の申立てをすることができます。相続登記には戸籍や固定資産評価証明書等の
書類が必要となります。

また、遺産分割をする場合は、遺産分割協議の内容を遺産分割協議書にし、
相続人全員の署名・押印が必要となります。押印の際には実印を押します。
遺産分割協議書には、印鑑証明書が必要となります。印鑑証明書には有効期限の
定めはありません。

相続登記をしないまま亡くなった方が名義人のまま登記せずに放置しておきますと、
相続人にも相続が発生するなどして当事者が増え権利関係が複雑になっていきます。

「当時なら簡単に話がまとまったはずなのに・・・・・」とならないためにも、
なるべくお早めに手続きをすることをお勧めします。